ありすと時計うさぎの資産形成

経済ネタと資産形成の実践記録(積み立てNISA、為替、株)元気をもらえるLDHの魅力を知ってほしい!!

下期にも期待?!底入れか?日本株にGO~🚩

気になりモーサテ

おはようございます。

昨日の日経平均は、大幅に下げ21,000円を一時は割り込りこみました。

円高アメリカ株安、業績不安が台頭した。しかしながら、NYは小幅ながら戻りました。

 

外需セクターの業績回復は?

f:id:balance1asset:20190719065330j:plain

週末なので、一旦は買い戻しの期待も。ただ、ドル円の動きに注意が必要。

日中、もし107円台を割り込んで、106円台に入ると日本株への重しとなることもあるため、警戒が必要だ。

 

来週から日本でも4-6月期の決算発表が本格化

外需セクターは、日本株全体に与える影響が大きい。機械・電気機器セクターは、米中貿易摩擦の影響もあり、アナリストの予想利益は低下傾向が続いている。

f:id:balance1asset:20190719070622j:plain

外需セクターの4-6月期の決算は、総じて厳しめな内容が目立つと予測。ただ、多くの企業は、前期の決算同様に、下期の業績回復を想定している。

今回の決算で基本的な見方に、変わりがないということが確認できれば、株価の下値もある程度限定されるとみている。

 

下期の回復には何が必要か?

二つの条件がある。

f:id:balance1asset:20190719065415j:plain

 ①緩和的金融環境の形成

  FRBとECBの利下げにより秋までには、環境が整う

 ②アメリカが、中国に対しての制裁関税発動が回避される予測

  上記二つの条件が揃えば、7月頃は株価が底入れして、10-12月期決算には相

  場全体の上昇値が少しづつ拡大する。

 

まとめ

米国企業の決算発表の二極化している中で、株価の堅調さを確認してみる。

 米国株式の産業セクター別にみる主要株価指標(2019年7月19日金)

f:id:balance1asset:20190719093424p:plain

 日本株の4-6月期決算

f:id:balance1asset:20190719073622p:plain

購入を検討し、その時の株価でポートフォリオに追加した銘柄。低予算主義(資金があまりないので笑)♬

この中で、わたしが実際に購入した銘柄が一つだけありますが、一番欲しかったのは、すこし割高かな~?って悩んでいたら値上がってしまい、買えなかった(;_;)/~~~

 

敬愛銘柄

ものづくり日本、頑張ってほしい。

f:id:balance1asset:20190719074409p:plain

業績予測チェックしてなかったので、今日、チェックして日経下がるようなら、買い増ししたい。

 

 

外国ETF(前回分配金は、64円だったかな)

f:id:balance1asset:20190719072735p:plain

オー!!、プラスに転じっている!!ラッキー💛

いま、米ドル107.55

 

良い一日を🎵