ありすと時計うさぎの資産形成

経済ネタと資産形成の実践記録(積み立てNISA、為替、株)元気をもらえるLDHの魅力を知ってほしい!!

米株と米債券の利回の差イールドスプレッドが日本株へ与える影響

きょうのかぶ

 

おはようございます、ありすです。

 

昨日は、朝方上昇していたが、円高が進んだことで小幅に反発で終わった。

NY株は、まちまちで戻り。

 

さきちゃんは、☔

 

 

 

二つのイールドスプレッド(利回りの差)

 

先日からのアメリカの逆イールドで、アメリカの景気後退が示唆されるなか、一般には、過去を振り返ると逆イールド発生から1年半くらいで景気後退に向かっているといわれる。

 

f:id:balance1asset:20190823070847j:plain

2019年8月23日(金)

 

ただ、現象面からとれえると過去からみても逆イールド発生前後は、株価が堅調であるのがわかる。

 

グラフの緑に網掛けされている箇所は、イールドスプレッドが50BPを下回っている局面で、いずれも株価は上がっている。

 

現状では、すぐさまアメリカの景気後退や株価下落を気にする必要はないのではないか。

 

アメリカ株に割安感

 

こちら株のチャートでよく使用される株の利回りと債券の利回りから計算されるイールドスプレッドのチャート

 

f:id:balance1asset:20190823072151j:plain

 

教科書的には、債券の利回りから株の利回りを引くが、便宜上こちらでは、株の利回りから債券の利回りを引いて計算している。

 

計算したもの、スプレッドが上がっていくと株が割安となる。

現状は、4.5P開いている状況。

 

14~16年の平均と17~18年の平均からみるとかなり上がっている状態。

アメリカ株は、金利からみると割安なのがわかる。

 

アメリカ株からみて、日本株の見通しは?

 

米中貿易摩擦の行方にもよるが、アメリカ株の安定化から受けるメリットも非常に大きく、日本株も反発に備えると考える。

 

 

ありすの目線👀👀👀

今年の5月に取得した債券・・・

いま売ると恐ろしいほど、含み損が🔥

 

f:id:balance1asset:20190823073929p:plain

 

償還まで保有予定だけど、ペソ高になってるし・・・

 

f:id:balance1asset:20190823074415p:plain

 

先日、初の利払いがあったけど、6.39%利率もあまり効果なし??

ペソ建:1,597.50 

申告レート ペソ建:4.3800 円換算:6,997

f:id:balance1asset:20190823081307p:plain

 

税金:ペソ建て → 所得税+地方税 合計 258.65

   円建て  → 所得税+地方税 合計 1,420 

                   一番右下の赤枠空欄だから電卓した

 

でも、ペソ建 258.65に、申告レート 4.380で円換算すると・・・

1,132円になる。

 

利払い計算のレートは、安いレートで、税金計算のレートは、高いレートになっている。なんか、意味がわからない???

為替レートからむと複雑過ぎるし、資産運用の意味を考えなくてはならなくなるし。

 

どなたか、債券詳しい方、ご教示していただければ幸いです。

 

 

 

良い一日を🎵