ありすと時計うさぎの資産形成

経済ネタと資産形成の実践記録(積み立てNISA、為替、株)元気をもらえるLDHの魅力を知ってほしい!!

日経平均の底値POINT👀今回の暴落特長

きょうのかぶ

 

おはようございます!ありすです。

昨日の日経平均、元安抑制の姿勢を受け下げ幅は縮小したが、3日続落となった。

ただ、NY市場は、反発して上がりで戻り。

 

さきちゃんは、薄晴れ☼、上昇して始まりそう。

 

 

需給面から見た下値めど

 

日経平均の20,000円割れが下値目途。

 

ここ数年、日経平均が20,000円に近付くと信託銀行を通じた日本株買いが進む傾向にある。

 

f:id:balance1asset:20190807073332j:plain

2019年8月7日(水)

実際に、昨年の10月~今年年初の下落場面においても、20,000円水準で買い越し額が進んでいる。

 

一般的に、信託銀行を通じては、年金や自社株買いの資金が流入するといわれ、国内投資家の買いが需給面の支えとなっている。

 

海外勢の一段の売りが出にくい

 

一方で、日本株は海外投資家に左右されやすいと言われるため、動向には注意が必要だ。

 

ただ、今回の調整局面の様相は異なっている。

 

昨年以前、日本株が急落した場面は、今回を含め大きく4回あった。

 

f:id:balance1asset:20190807073445j:plain

 

 

これまでの3回は、調整局面の3か月間で海外投資家は大幅に買い越していた。

 

一方で、今回は、直近の3か月で2兆2,000億円の売り越しとなっているため、売りは出にくいのではないか。

 

引き続き、短期的な株価の乱高下には、警戒が必要だが、これらの需給面、日経平均の20,000円は、PBR1倍水準。

 

ありすの目線👀👀👀

 

f:id:balance1asset:20190807074108p:plain

2019年8月6日終値

8月2日に、1q決算開示があった丸紅の決算を見に来ました。

 

f:id:balance1asset:20190807074626p:plain

 

米中の貿易摩擦で中国への輸出減、イギリスのEU離脱問題が長引き、商品ごとにまちまちな影響を受けよう。

 

19年3月期の連結業績は、当期利益2,309億円(前期比9.3%増)と過去最高を更新。

 

収益
収益は、前第1四半期連結累計期間比2,617億円(12.1%)減収の1兆9,076億円。

オペレーティング・セグメント別には、主に食料、アグリ事業、化学品で減収。
売上総利益
売上総利益は、前第1四半期連結累計期間比19億円(1.0%)減益の1,923億円。

オペレーティング・セグメント別には、主に化学品、アグリ事業、電力で減益。
営業利益
営業利益は、前第1四半期連結累計期間比41億円(6.9%)減益の554億円。

パルプ、アグリ(天候リスク)、エネルギー、電力、建設、自動車、機械は、マイナス。

金属、航空、金融、食料、情報、不動産は、プラス。

 

☝☝☝セグメント別の株価を反映している👀

 

f:id:balance1asset:20190807080722p:plain

収益マイナス。換算評価損増加?

 

良い一日を🎵