ありすと時計うさぎの資産形成

経済ネタと資産形成の実践記録(積み立てNISA、為替、株)元気をもらえるLDHの魅力を知ってほしい!!

世界同時株安って?日本株出遅れ要因POINT

ほんじつのかぶ

 

おはようございます。ありすです。

米中貿易摩擦?世界経済の減速観からの世界同時の株安

日経平均は21,000円割り込む

世界の警戒感を示すVIX指数も下げ24.81(1/6以来)

 

さきちゃんは、大雨

 

肌寒い街角景気

日経平均リスクオフ。

3%下げを想定したほうが(20,000円割れも)。

9月のFOMCFRBが金融緩和の姿勢を強める可能性が高いので、それに応じ米国株が持ち直せば、日経平均も急落前の水準まで回復する。

f:id:balance1asset:20190806065435j:plain

2019年8月6日(火)

 

 

最近の日本経済は、国内景気の肌感覚の経済指標が悪化している。

消費者態度指数、景気ウォッチャー調査ともに悪化が顕著で、2014年4月の消費税

増税時と同じくらい後退している。

10月には、消費税増税を控えての節約志向がかなり強まっている。

 

日本株は景気の肌寒さを反映

f:id:balance1asset:20190806065528j:plain

 

こうした国内景気の肌寒さが日本株の出遅れとなっている要因ではないか。

NYダウと日経平均を比較した日米相対株価でみると、去年から日本株のパフォーマンスの悪さが目立ってしまっている。

 

この動きは、景気ウォッチャー調査と連動している。

 

同時株安を抜けたあとの日本株、鍵は内需が握っている。

 

日本株の上値は重い

日本株の出遅れ背景に、景気への不透明感はあるものの、景気ウォッチャー調査と日米相対株価のチャートを合わせたものをみると、国内消費がいかに大切かがわかる。

 

f:id:balance1asset:20190806065559j:plain

 

景気ウォッチャー調査が上向いたタイミングで、日本株の出遅れ修正が始まるのでは。

ただ、急に、指標が回復されないため、日本株の上値は、思いとみている。

 

ありすの目線👀👀👀

VIX指数下がったからかしら・・・。原油ETFまでも下げに転じてしまった。

f:id:balance1asset:20190806072608p:plain

2019年8月5日(月)15:00

f:id:balance1asset:20190805081024p:plain

2019年8月2日(金)15:00

 

f:id:balance1asset:20190806073245p:plain

2019年8月6日(火)朝

f:id:balance1asset:20190805083105p:plain

2019年8月5日(月)

明日は、JXTGの決算発表です。

前期本決算、107%達成。

原油安くなったから、かったけど、全世界株安だと株価に期待は・・・。

業績も原油先物取引が良いこと期待できるけど、どうかな?

 


良い一日を🎵