ありすと時計うさぎの資産形成

経済ネタと資産形成の実践記録(積み立てNISA、為替、株)元気をもらえるLDHの魅力を知ってほしい!!

日米FTAを大胆予想?!

気になりモーサテ

日米首脳会議の行方

3度目の日米首脳会談が目指すもの

日米FTAの合意内容を大胆予想?!

f:id:balance1asset:20190627081134j:plain

2019年6月27日(火)
  • FTA特定の国や地域の間で,物品の関税やサービス貿易の障壁等を削減・撤廃することを目的とする協定
  • EPA貿易の自由化に加え,投資,人の移動,知的財産の保護や競争政策におけるルール作り,様々な分野での協力の要素等を含む,幅広い経済関係の強化を目的とする協定

 幅広い経済関係の強化を目指して,貿易や投資の自由化・円滑化を進める協定です。日本は当初から,より幅広い分野を含むEPAを推進してきました。近年世界で締結されているFTAの中には,日本のEPA同様,関税撤廃・削減やサービス貿易の自由化にとどまらない,様々な新しい分野を含むものも見受けられます。

日本のEPA経済連携協定)・FTA自由貿易協定)の現状(2019年2月現在)

  • ●発効済・署名済▶18

    シンガポール,メキシコ,マレーシア,チリ,タイ,インドネシアブルネイASEAN全体,フィリピン,スイス,ベトナム,インド,ペルー,オーストラリア,モンゴル,TPP12(署名済),TPP11,日EUEPA

  • ●交渉妥結/実質合意▶1                         ASEANEPAの投資サービス交渉(実質合意)

  • ●交渉中▶4

    コロンビア(交渉中),日中韓(交渉中),RCEP(交渉中), トルコ(交渉中)

  • ◯その他(交渉延期中または中断中)

    GCC,韓国,カナダ

f:id:balance1asset:20190627081840j:plain外務省HPより

環太平洋パートナーシップTPP12とは、オーストラリア,ブルネイ,カナダ,チリ,日本,マレーシア,メキシコ,ニュージーランド,ペルー,シンガポール米国及びベトナムの合計12か国。米国署名済みとされているが、FTAの合意はこれから?

日米自動車関税の落としどころ

f:id:balance1asset:20190627083513j:plain